新日本プロレス

11.7大阪大会の二冠戦と挑戦権利証をめぐる戦い

11.7のPOWER STURRGLE大阪大会で起きた二冠をめぐる抗争についてふり返りたいと思います。

イッテンヨン・イッテンゴへ向けて、二冠戦のカギを握る戦い。
何かが起きそうな予感はしていたが、まさかこんな展開になろうとは誰が予想しただろうか?

まさかの挑戦権利証の移動!

まずは飯伏幸太VSジェイ・ホワイトの挑戦権利証争奪戦について。

ここ数年の流れとして、G1クライマックス優勝者には翌年の1.4(イッテンヨン)レッスルキングダム東京ドームのメインイベントで、IWGPのベルトに挑戦できる権利証が与えられる。
さらにその挑戦権利証をめぐってG1優勝者と挑戦者のあいだで争奪戦が行われるのだが、過去において挑戦権利証がG1優勝者から挑戦者に移動したことはなかった。

そう、この日までは。

出典:新日本プロレス公式

まさかの挑戦者ジェイ・ホワイト選手が、飯伏幸太選手を「逆さ押さえ込み」で丸め込んでの3カウント。

しかし、3カウントの際、ジェイがトップロープに両足を乗せてフォールに圧力をかけていたため明らかな反則行為だった。
ところが肝心なレフェリーの死角をついており、レフェリーは反則に気付かずに3カウントを叩いてしまったのである。

結局、この判定はくつがえらずにジェイ・ホワイト選手の勝利となってしまった。

これがプロレスのルールの憎いところで、判定のすべてはレフェリーの視点によるものがほとんどで、言ってみればレフェリーの目さえ誤魔化せてしまえばなんでもまかり通ってしまうのだ。

しかし、あの反則を気付けていないのはやはりレフェリーの失態だと私は思う。

飯伏幸太選手も3カウントが入ってしまった瞬間は茫然自失としていたが、あとからVTRで確認したのだろう、判定に納得いかないと怒りのコメントを出している。

巧みな反則を使うジェイもジェイだが、レフェリーの判定に対して新日本プロレス側の見解がなにも無いもどうだろうか?

ましてや大事な挑戦権利証争奪戦であるわけだし、このままではレフェリーの目さえ欺ければ何をしても構わないというプロレスがまかり通ってしまう事態に陥りかねない。

個人的には判定を撤回し、飯伏VSジェイを再戦させるべきだと私は思いました。

交錯するストーリー

そしてメインの内藤哲也VSEVILの二冠戦。もうこの2人だけで二冠戦が3回目。G1公式戦も入れれば4回目の対戦である。

しかしセミファイナルで飯伏選手がジェイ選手に負けて、権利証が動いてしまったことで嫌な空気が立ち込めていた。

もともと飯伏選手は、二冠戦は絶対に内藤哲也が相手でないと意味がないと言っていたし、内藤選手もそれに応えている。

一方、バレットクラブの覇権争いとしてジェイ選手とEVIL選手の間でも火花を散らしており、お互いに東京ドームで戦うことを意識し合っている。

ということで、ひょっとして内藤選手までEVIL選手に負けて二冠まで移動してしまうのか?
そんないや~な予感が立ち込める試合でした。

おそらく内藤選手のファンは、心臓に悪い思いをしたのではないかと思います。

出典:新日本プロレス公式

試合は5人の選手が途中介入や乱入やらで入り乱れて、二転三転しましたが、最後は内藤選手がデスティーノで完勝し二冠防衛を果たしました。

しかしこの結果から、内藤VS飯伏、ジェイVSEVILの対戦は東京ドームで実現せず、2つのストーリーが交錯してしまう結果に。

一体、ここからイッテンヨンとイッテンゴのカードはどうなるのか?

ジェイ・ホワイトの要求

出典:新日本プロレス公式

内藤選手が試合に勝利したあと、ジェイ・ホワイト選手が再びリングに登場し、権利証を掲げて東京ドームでの二冠挑戦をアピールした。

次の舞台はトーキョードーム、1.4、1.5だ。教えてやろう、俺は1.4は休みを取らせてもらう。だからナイトー、お前は好きなようにすればいい。ヤングライオンでも誰でも望む相手と闘えばいい。好きにしろ。俺は1.4は試合をしない。そして2日目、1.5でお前に挑戦する。権利証は俺が持っているからだ。2本のベルトをお前から奪って、IWGP&インターコンチネンタル王者になる。それが俺のデスティーノだ。またこうして、俺たちの運命が再び交じり合う……。

-新日本プロレス公式より引用-

なんとジェイ・ホワイト選手は1月4日は試合をせずに1月5日に二冠に挑戦すると要求してきたのである。

つまり1月4日は誰にも邪魔されたくない。おそらく再び権利証争奪戦を組まれないように牽制したのだろう。

実にクレバーでスマートで狡猾なヒール。コメントも超一流だ。

しかし、怒りの飯伏幸太選手がジェイの後ろを執拗に追いかけてきているので、疑惑の3カウント問題もまだ何か続きがありそうだ。

今の飯伏選手は、逃げない・負けない・諦めない・そして裏切らない!きっと何かを起こすだろう。

また二冠戦から脱落する格好になってしまったEVIL選手。
しかしジェイ・ホワイト選手とのバレットクラブの覇権争いという部分では、まだまだ続きを期待したい。
むしろイッテンヨンにジェイ選手を引きずり出して、バレットクラブのリーダーを賭けて一戦交えるような胸熱の展開になるとおもしろいのだが。

以上、11.7の大阪大会をふり返ってみた感想でした。

翌日の一夜明け会見では、さらに意外な展開が待ち受けていようとは・・・。

この続きは次回の投稿で。

最後まで読んでくれてありがとう!

 

↓人気のプロレスブログランキング参加中!クリックで応援していただけると嬉しいです!

-新日本プロレス
-, , , , ,

Copyright© 新日本プロレスを立てるブログ , 2021 All Rights Reserved.