新日本プロレス

【12/6最終公式戦】ベストオブスーパージュニア27が最&高だった!

ベストオブスーパージュニア27とワールドタッグリーグ2020の最終公式戦が終わりましたね!

どちらのリーグも大混戦で、最後の最後まで決勝のカードがどうなるか分からない熱い戦いでした!

今回の記事は、ベストオブスーパージュニア27の方の試合を中心に感想を書いていきたいと思います。

ワールドタッグリーグ2020は次回の記事で書きます!

ジュニア4強!!

BOSJ最終公式戦では、4選手が勝ち点12で並ぶ中で、ついに決勝へと勝ち上がる選手が決まります。

12点の選手は、高橋ヒロム、石森太二、エル・デスペラード、SHOの4選手。

ここまで2敗しかしておらず、実力も拮抗していてまさに令和のジュニア四天王と呼ぶにふさわしい戦士たちですね。

はっきり言って4人も強い!!

今回は10人1リーグ制という少数精鋭による総当たりで、さらに前哨戦もないため、1戦1戦の内容が非常に濃厚に感じました!

リーグ戦なので選手は過酷なのは変わりはないと思いますが、それでも例年よりはコンディションを整えながら試合にも集中して望めたのではないかと思います。

見てる側としても今年のスタイルはとても良かったです。

コロナが落ち着いて元に戻ったとしても、今年にような試合形式のほうが私は好きですね。

さて、4強の選手が同点で並走してますが、直接対決の上ではエル・デスペラード優勢で、最終公式戦もエル・デスペラードが最後の試合に組まれましたね。

4強選手の試合順は、

高橋ヒロム VS マスター・ワト

石森太二 VS SHO

エル・デスペラード VS BUSHI

となりました。

末恐ろしい23歳

決勝に進むには当然ヒロムはワトに勝つしかありません。

しかし勝ったとしても、そのあとの試合結果次第では決勝に進めない可能性もあるので、あとは神のみぞ知るというやつです。

でも試合を見ていて、高橋ヒロムは落ち着いて戦ってるように見えましたね。

しっかりと試合を決めて、マスター・ワトを下して勝ち点14をスコアしました。

ワトは4勝5敗ですか。序盤は首位を走っていましたが、リーグ戦後半は強豪相手が続いてなかなか勝ち星に恵まれませんでした。

惜しくもリーグ戦は負け越しですが、しっかりと爪痕は残せましたよね。

特にエル・デスペラードに勝利できたのはインパクト大でした!

これはジュニアタッグ挑戦への布石になっていきそうです!

それにしてもマスター・ワトはまだ23歳という若さに驚きです。

ヤングライオンの辻選手や上村選手よりも若い!

ということはまだまだ全然伸びしろがあるということ!

恐るべし23歳だ!

推しのSHO選手

今回のベストオブスーパージュニア27では、私はSHO選手を推していて優勝予想もSHOでした。

なので最後の石森太二戦もきっと勝利してくれると応援していましたが、結果は惜しくも敗れてしまいました。

ここでSHOの優勝決定戦進出から脱落。

いや~、残念だったけど、本当に良く頑張ってくれてありがとうとSHOに言いたい!

ぜひ年末のコンクルソでは大会2連覇を達成してほしいと思います!

コンクルソでも石森太二が強敵そうですけどね!

至高のマスクマン対決

そして迎えたベストオブスーパージュニア27の公式戦の最終試合。

エル・デスペラード VS BUSHI のマスクマン対決ですよ。

この二人が最後に戦うって痺れ憧れますね!

やっぱりジュニアといったらマスクマンの存在は欠かせません。

今の新日ジュニアはマスクマンが少ないので、もう少しマスクマンがいたらいいなと個人的に思います。

さて、この試合、エル・デスペラードが勝てばもちろん優勝決定戦進出で、相手は高橋ヒロム。

しかし、エル・デスペラードが負ければ、優勝決定戦は石森太二VS高橋ヒロムになるわけです。

と、いうことは、BUSHIからしてみれば仲間の高橋ヒロムはすでに優勝決定戦進出が決まっているので、そこまでプレッシャーがかかる試合ではなくなりました。

もちろん自身の勝ち越しかどうかが決まる試合でもあるし、相手がエル・デスペラードですから簡単には負けられないとは思います。

正直、私が見たかったのは、SHOが石森太二に勝って、高橋ヒロムの決勝進出の運命がこの試合に委ねられるという展開でした。

つまりBUSHIが勝てば高橋ヒロムとSHOが優勝決定戦へ。

BUSHIが負ければエル・デスペラードとSHOが優勝決定戦へ。という展開です。

なので最初にこの試合順を見たときに、あっ!きっとこういう展開になるんだな!と思いました。

BUSHIが勝つか負けるかで、高橋ヒロムの優勝決定戦進出が決まる・・・・・。

そんな運命を課せられた状況のBUSHI選手の試合が見てみたいと思ってました。

現実にはそうなりませんでしたが、これは妄想で楽しみたいと思います。

私の事前予想でもSHO VS エル・デスペラードを優勝決定戦に挙げてたんですが、見事に外れてしまいました!

満場一致のメインイベントでしょ!

エル・デスペラードがBUSHIに勝ち、優勝決定戦はエル・デスペラード VS 高橋ヒロムに決定しました!

しかもメインイベントに決定したんですね!

解説のライガーさんも言ってましたが、プロレスの神様が導いてくれたような決勝のカードですね。

昨年のBOSJでは怪我で欠場だった2人が今年の優勝決定戦ですよ。

それだけじゃありません。

去年のBOSJの決勝を思い出してみてください。

ウィル・オスプレイ VS 鷹木信悟 ですよ。

海外の選手と、他団体から来た選手同士の決勝戦だったし、さらに言えばその後ヘビー級に転向するくらいのチート級の選手だし、去年のベストバウトと呼ばれるほどの決勝戦になりました。

なので去年は正直、あの2人が強すぎてジュニアとしては規格外過ぎた印象があったんですよね。

でも今年は本当にジュニアらしいジュニア!まさに今を象徴するかのような2人で期待と楽しみでしかありません。

しかもヒロムとデスペラードは同期で新日本道場の生え抜きの選手じゃないですか!

純度100%のね、混じりっけのないね、ジュニアの中のジュニア出てこいやー!!

まさにそんな感じ。

もうこの2人ならどっちが勝っても私は良いですね。どちらも応援しますよ!

でも敢えて優勝予想するなら・・・

希望はエル・デスペラード。理想は高橋ヒロム。そんなところでしょうか!

今回は以上になります。ありがとうございました!

↓人気のプロレスブログランキング参加中!クリックで応援していただけると嬉しいです!

-新日本プロレス
-, , , , ,

Copyright© 新日本プロレスを立てるブログ , 2021 All Rights Reserved.