新日本プロレス

イッテンヨン第0試合は「KOPW2021」進出争奪戦ニュージャパンランボーに決定!

イッテンヨン・イッテンゴ東京ドームの全カードが決まりましたね!

新たに発表されたカードの中でも個人的に注目したいのが、イッテンヨンの第0試合「KOPW2021」進出争奪戦ニュージャパンランボー!!

いいね!!おもしろそう!!

そして、NEVER無差別級6人タッグ選手権のガントレットマッチじゃなくて、正直ホッとしました!

【2021年】1.4&1.5東京ドームでのNEVER無差別級6人タッグ選手権を予想してみる【ガントレットマッチ】

2021年イッテンヨン・イッテンゴ東京ドームの対戦カードがだいぶ決まってきましたね! まだ現時点で正式に発表されていない選手権試合は、IWGPジュニアタッグとNEVER無差別級6人タッグでしょうか? ...

続きを見る

今回はNEVER6人のカードがないのは残念ですが、ガントレットマッチになるくらいならやらないほうがマシだと思うので、本当に良かったです。

そしてイッテンヨンの22人の選手で繰り広げられる「KOPW2021」進出争奪戦ニュージャパンランボーで、最後に4人に残った選手が、イッテンゴの第1試合で4WAYマッチが行われ、その勝者が2021年KOPW保持者が決定されるというわけです!

これはナイスな企画だと思います!

ベルト戦線やスペシャルシングルマッチに出られなかった選手にもワンチャン巡ってきたというわけです!

ある意味、敗者復活戦ともいうべき面白い試合になりそうだ!

ニュージャパンランボーで最後の4選手に勝ち残れれば、翌日のイッテンゴにも出場することができて、東京ドーム2日間ともリングに立てるチャンスがあるのです。

そしてイッテンゴの4WAYマッチで勝てば、KOPW2021のタイトル保持者になれるのだから、これは熱い!

これは色々と予想し甲斐がありますね!

ニュージャパンランボーって?

ニュージャパンランボーの試合形式やルールについて確認しよう。

まず、1月4日は、シングルマッチからスタートして1分ごとに1選手が登場してくる、恒例の“時間差バトルロイヤル”が実現。敗れた選手から退場していき、“最後の4選手”になった時点で決着とする。なおトップロープを越えて場外に転落した選手も退場となる。出場選手と順番はテーマ曲によって発表とする。
最後に残った4選手が、翌日の1月5日(火)東京ドーム大会で行われる『KOPW 2021』決定戦4WAYマッチ進出権を獲得する。

-新日本プロレス公式より引用-

思い出すのが、昨年4月に行われたニューヨークマディソンスクエアガーデンで行われた大会での第0試合もランボー形式でしたね。

あの時は30選手+サプライズ参戦1選手の凄い試合だったのを覚えています。

今回のニュージャパンランボーのポイントは、「最後に残った4選手が勝者」となるので、これはユニット同士で組んだり駆け引きなどが見られたりと、非常に楽しそうな要素が満載になりそうですね。

出場選手を考えてみよう。

現在、総勢22選手が参加することがアナウンスされており、出場選手は実際の入場時のテーマ曲で発表になるので、おそらく当日までは誰が出場するかは分からないだろう。

また、ジュース・ロビンソン選手が怪我のためUSヘビー級挑戦権利証争奪戦を欠場となり、代わりに小島聡選手が挑戦者となりそうなので、おそらく小島選手はニュージャパンランボーからは外れることになり、22選手から21選手に変更されるかもしれません。

では、その21選手になるレスラーを挙げていってみよう。

条件としては、イッテンヨン・イッテンゴで試合が組まれていない選手が出場すると思われる。

では、選出してみよう。(敬称略)

ヤングライオン

  • 上村優也
  • 辻陽太
  • ゲイブリエル・キッド

まずはヤングライオンの3人だ。
やはり東京ドームの0試合でヤングライオンに思い切り暴れてほしい!
3人が連携して先輩から勝利を奪うところも見てみたい!

第3世代

  • 天山広吉
  • 永田裕志

ひょっとすると天山選手は、マスター・ワトのディーヴァに専念して出場しない可能性があるかもしれないが、やはり小島選手の分も頑張ってほしいので是非出場してもらいたいですね!

バレットクラブ

  • バットラック・ファレ
  • チェーズ・オーエンズ
  • 高橋裕二郎

ファレは、矢野通とのKOPWマッチで敗れたばかりでリベンジに燃えていることだろう!
また、オーエンズや裕二郎といったクセ者がどんな罠をしかけてくるかも見ものですね。

また、邪道・外道・東郷に関しては、おそらくセコンド役に徹すると考えて出場はないと思います。
というか、この3人が出場するとめちゃくちゃになるので本当に出ないでもらいたいところです。

新日本・本隊

  • トーア・ヘナーレ
  • デビット・フィンレー
  • 真壁刀義
  • 本間朋晃
  • タイガーマスク

本隊からはこの5選手かな?
ここでぜひ存在感を示して欲しいと思います!

鈴木軍

  • 鈴木みのる
  • DOUKI

鈴木みのる選手が、このランボー出場で納得するかどうか分かりません。
でも一番最初に入場するとしたらやっぱり鈴木みのるですよね。
マディソンスクエアガーデンでの入場を思い出します!
そして優勝候補筆頭でしょうな!

ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポン

  • BUSHI

ロスインゴからBUSHIひとりになりそうですね・・・。
ロンリーバトルを強いられそうですが、なんとかロスインゴ代表として勝ち残っていただきたいですね。

CHAOS

  • 矢野通
  • 後藤洋央紀
  • 石井智宏
  • YOSHI-HASHI
  • SHO

CHAOSは実力派揃いですね!
NEVER6人タッグ王者の3人もいるし、KOPW2020覇者の矢野通もいます。
この5人が組んでしまったら、最後の4人もみんなCHAOSになってしまう可能性も高いですよ。
でもイッテンゴをCHAOSだけで4WAYマッチというのも激アツなんで見てみたい気がしますね!

22人目のサプライズ参戦はあるか?

以上、予想してみた小島選手を除く21人です。

ほぼこれで新日本のオールメンバーになったと思います。

そして気になるのがサプライズ参戦枠です。

マディソン・スクエア・ガーデン大会のランボーでは、発表されていた30人の選手のほかに31人目が入場するという(なんとグレート・ムタ!)ビッグ・サプライズがありました。

今回も22人目のサプライズ出場の選手はあるのでしょうか?

ちょっとだけ予想、いや妄想させてもらうと・・・

柴田勝頼選手の復帰とか・・・。

なにかが起こることを期待せずにはいられないですね!

入場順はどうなる?

そして選手の入場順も気になりますね。

やはり1番最初は、すでに述べましたが鈴木みのる選手の入場でしょう。

東京ドームのオープニングを飾るのはやはり「風になれ」以外にないでしょう!

そして、鈴木みのる選手が最初の入場になってほしい理由はもう一つあります。

なぜなら2番目に入場してほしい選手がヤングライオンの上村優也選手だからです!

12月21日後楽園ホールの上村選手のバックステージコメントです。

あと、ずっと言ってるんですけど、鈴木選手。東京ドームでも、鈴木さんも、俺の名前もまだありませんし、別に待ってたって誰も組んでくれないっすよ。僕は鈴木さんとシングルマッチ組まれるように、そして、彼を本気にさせて振り向かせるように、これからやっていこうと思います。ありがとうございました。

-新日本プロレス公式より引用-

これだ。

つまり、上村選手が2番目に入場すれば、本当に1分間だけですが鈴木みのるとのシングルマッチが実現するわけです!

ぜひともこれは見てみたいし、こうしてほしいと思わずにいられません!

そして3番目、4番目の入場に辻陽太とゲイブリエル・キッドが入ってくる。

プロレス王にヤングライオンたちが噛みつく様を見てたい!!

想像するだけでわくわくしてきますよ。

勝ち残る4人はどのレスラーか?

果たして勝ち残る4人のレスラーは誰になるだろうか?

全く予想がつきませんが、せっかくなので名前を出して、記事を締めくくりたいと思います。

まずはKOPW2020覇者の矢野通選手はやはり勝ち残るのではないでしょうか?

そして鈴木みのる選手。最初に入場して最後まで勝ち残ると思います!

SHO選手。ジュニア代表はこの男で決まりでしょう!

そして、あと一人・・・難しいな。

高橋裕二郎選手でファイナルアンサーとしよう!

さあ、どこまで当たるか?

イッテンヨンは第0試合から目が離せませんなぁ~!!

今回は、以上です!最後までありがとうございました!

↓人気のプロレスブログランキング参加中!クリックで応援していただけると嬉しいです!

-新日本プロレス
-, ,

Copyright© 新日本プロレスを立てるブログ , 2021 All Rights Reserved.