新日本プロレス

【Bブロック2日目】WORLDフリー配信に見る新日プロモーション戦略

G1クライマックスのBブロック2日目を新日本プロレスワールドでリアル視聴しました。おっ今日はFREE配信なんだね!公式によるとABEMAでも同時無料配信しているんだとか。なるほど、これは新しい視聴者を取り込むプロモーション的な配信になるわけね。そんなことを思いつつBブロックを視聴観戦しました。やっぱりFREE配信って、なんとなくいつもと違う感じがしますがみなさんはどう感じましたか?今回はその辺りにも触れながら感想を連ねていきたいと思います。

第1試合に棚橋弘至が登場!

まず第1試合はなんといきなり「棚橋弘至vs後藤洋央紀」である。このカードに違和感を覚えませんか?なんでこのカードが第1試合なの?って。どう見ても今回の5試合を並べてみたらセミファイナルか第3試合に来るべき試合のはずなんです。棚橋選手vs後藤選手の対戦には歴史もあるはずですし、第1試合でいいわけがない。

そう、理由はFREE配信だからです。棚橋弘至といえばまさに新日本のエースであり、おそらく新日本プロレスいや現在のプロレスの中では一般的に一番知名度が高い選手なわけです。「FREE配信だからちょっと見てみるか」とプロレスに興味を持った人が視聴したときを考えると、最初の試合で棚橋選手が出てくればそりゃあ「おおっ!」となり食いつくわけですよ。知ってる選手が出るか出ないかだけで離脱率が天と地ほどの差が出てくるわけです。つまり「つかみはOK」というやつです。

そして対戦相手が後藤洋央紀選手ともなれば「だれ、このオッサン」とプロレスを知らない人はそうなるかもしれませんが、棚橋選手と互角以上の実力者ですからこの試合がおもしろくないわけがないのです。もうこの1試合を見てしまえば1発でプロレスの魅力に落ちること間違いないのである。なのでこの第1試合というのは非常に今回のFREE配信では重要なプロモーション戦略の鍵になっているわけです。そしてゲスト解説席には、これまた知名度では棚橋選手に勝るとも劣らない真壁選手いやスイーツ真壁が陣取っています。これまた取っつきやすい安心材料なわけですね。さらに実況・解説を聞いていても非常にプロレス初心者寄りのわかりやすい内容。色々と考えて配信しているんだなぁと感心します。

外国人レスラーの存在感

そして第2試合は「タマ・トンガvsチェーズ・オーエンズ」のバレットクラブ対決と第3試合は「YOSHI-HASHIvsジェフ・コブ」の日本人vs外国人という分かりやすい図式だ。プロレスは日本人だけじゃなく、外国人同士や日本人対外国人の試合もあるということをアピールできる良い内容でしたね。

特にジェフ・コブの存在は強烈なインパクトを残したに違いない。視聴者の中には昔の新日本プロレスを見ていて、最近の新日はどんな感じなんだとFREE配信を視聴した古参ファンもいるだろう。昔活躍したビッグ・バン・ベイダー選手やスコット・ノートン選手級の外国人レスラーを見て育ったファンも、きっとジェフ・コブ選手の豪快なファイトを見て「こんなモンスター級のレスラーが今の新日本にいるのか!」と驚愕しているはずである。もうその日のうちにWORLDの有料契約をしてしまったに違いないだろう。対戦相手のYOSHI-HASHI選手はまさにジェフ・コブ選手のインパクトを残すために見事にぶん投げられてまくって素晴らしい役を担ってくれたと思います。

よみがえる四天王プロレス

なんだろう。Bブロックの2日目のカードって完全にプロモーション仕様じゃないか。誰だSANADAvsタイチのカード組んだの。これは完全なる神試合だった。こんなに涙腺が緩みっぱなしの試合はそうそうない。SANADA選手とタイチ選手による壮絶なる全日本プロレスごっこ。90年代の四天王プロレスを体感している古参ファンがこの試合を見たらもう絶対に泣くしかない。100%WORLD契約するわ。特にタイチ選手が素晴らしかったし、それに真正面から応えたSANADA選手も良かった!まさかタイガードライバーが見られるなんて思わなかったよ。この試合を見たら絶対に昔のプロレスファンが帰ってくるに違いない。川田選手や武藤選手の弟子が今こんなにエモーショナルな試合をしてるんですよ。もう勝ち負けなんてどうでもいいくらいに大興奮した試合でした。タイチ選手、SANADA選手に本当にありがとうと伝えたい。

ベビーフェイスvsヒールの分かりやすい図式

もうセミファイナルだけでお腹いっぱい。まだメインイベントがあるっちゅうの!ここで真打の登場、オカダカズチカ選手です!対するは闇の王EVIL!まさにベビーフェイスとヒール、光と闇という分かりやすすぎる図式。シンプル・イズ・ベスト!まさにプロレスの王道と呼ぶべき試合であり、さらにレインメーカーが復活の狼煙を上げた直後の試合なわけで、まさに最後に視聴者のハートをガッツリと掴んで離さないそんな内容の試合でした。もう最後まで見てしまったプロレス初心者の人は絶対にプロレスにハマるきっかけになったと思うし、古参ファンも絶対に戻ってくるきっかけになったはず。今のプロレスも捨てたもんじゃねえなと。

今回のオカダvsEVILは、ちょっとオカダ選手がストレートに強すぎた感がありましたね。ちょっとEVIL選手がプロモーションを意識し過ぎたのか?少し綺麗に戦い過ぎたように見えました。普段はもっと汚い手を使ってくると思うんだけどね。でも新しいファン層を取り込むにはちょうど良い試合内容だったように思います。むしろEVIL選手がそれを意識してのことだとしたら、やはりプロとして有能すぎるレスラーだと思いますよ。

今回のBブロックは勝ち負けよりも試合内容に満足してしまいました。新日本プロレスワールドのFREE配信によるプロモーション活動、とくと拝見させていただきました。やっぱりなんていうか、新日本プロレスってプロレス団体じゃなくってプロレス企業なんだなって、そんなことを感じさせてくれる今回の配信でした。プロレスはこれからまだまだおもしろくなるに違いない!!

↓人気のプロレスブログランキング参加中!クリックで応援していただけると嬉しいです!

-新日本プロレス
-, , , , , , , ,

Copyright© 新日本プロレスを立てるブログ , 2021 All Rights Reserved.