新日本プロレス

テクニカルなことはわからんがとにかくすごい試合だ!【ザックvsオー・カーン】

G1クライマックスAブロック4日目を見ましたか?いやあ、すごかったですね。全勝同士のザック・セイバーJr.vsグレート-O-カーンの試合がとにかくすごすぎた!表題の通り、テクニカルなことは素人にはもちろん、普段からプロレスを見慣れた人にとってもリング上で一体何が起こっているのか全てを理解するのは難しい。ただ、すごいことが起こっているということは理解できる。そんな感じだったのではなかろうか?ではAブロックの4日目を振り返ってみたい。

水を得た魚のようなザック

ザック・セイバーJr.vsグレート-O-カーン。この試合を分かったかのように書くとボロが出るので非常に危険です(笑)。とにかく目まぐるしく両者が絡み合い、高度な読み合いをしているのは分かる。でもどういう理由でこの攻防をしているのかサッパリわからん。お口ポカーンで見守るしかなかった。

それにしてもグレート・オー・カーン選手ってこんなスタイルの試合できたんやね。今まで隠してたん?正直、色物キャラが先行してて経歴に格闘技の輝かしい実績があるのは知ってたけど、どうしても胡散臭くて信用できなかったけどホンモノだったんだね!マジすごいわ!多分これまでもこのスタイルで試合をしようとすればできたんだろうけど、多分きっと100%かみ合う対戦相手が新日本のリングにいなかったんだろうな。中半端にやるくらいなら新日本のストロングスタイルに合わせて戦ってたほうが試合として成功するし。それでやっとザック選手とのシングルマッチが実現してテクニカルスタイルを解禁できる土俵が整ったということかな。

ザック選手のほうもまるで水を得た魚のように生き生きとして終始笑顔&真剣な表情で戦っておられました。イイネ!イイネ!とホントに楽しそう。思ったんだけどさ、この日の後楽園のチケットがソールドアウトだったのは内藤哲也vs高橋裕二郎の運命の一戦を見たくて来たお客さんが多かったと思うの。でも内藤選手が負傷欠場で試合が流れてしまって、きっとガッカリしたお客さん少なくなかったと思う。でもこのザックvsオー・カーン戦を見られたことで「やっぱり見に来て良かった!!」って思ったんじゃない?やっぱりプラチナチケットだったって!そういった意味でもザックvsオー・カーン戦が果たした意味って大きいなって思った。

やっぱりザック・セイバーJr.が決勝に行くような気がしてきた

試合の結果はザック選手に軍配が上がったけども、これはどちらが勝ってもおかしくないような試合展開でしたね。次やったらオー・カーン選手が勝ちそうな気がする。いやすごいわ。新日本にまた黄金カードが生まれた余。ところで決まり手の「この脚どうだ」ってどうよ?

それにしてもこの試合を観終わって、これはやはりザック・セイバーJr.選手が決勝に進みそうな気がしてきましたよ。正直、どこかで失速するような展開を期待してたんだけど、オー・カーン戦を見てザック選手の決勝進出が確信に変わりつつありますよ。マジで隙が無いし、このあいだ矢野&石井がザックを止めるという記事を書いたけども、うーん、やっぱり今のザックを倒すのは難しい気がするよね。もしザック選手が決勝に進むなら、Bブロックからはオカダ選手に来てほしいね。絶好調すぎるこの2人の試合は見たいし、ザック選手のテッカーズスタイルとオカダ選手のストロングスタイルがどちらが上回るのか見てみたいと思います。

BUSHIスペシャル

他の試合にも目を移してみよう。内藤選手の欠場により組まれたスペシャルシングルマッチ「高橋裕二郎vsBUSHI」の一戦。まずBUSHI選手のコスチュームがすげえ!赤と黒をあしらった内藤カラーのタイツに、マスクにはTORANQUILOの文字と内藤選手のシンボルーマークの縁取り。まさにこの試合のためだけに準備してきたのだろう。BUSHI選手の熱い想いと底なしの資金力が伝わってくる。次の矢野戦でもシングルが組まれているが、マスクは毎回変えてくるので変えてくるだろうけど、このタイツも変えてくるんだろうか?

真っ向勝負の石井vsタンガ・ロア

すんごいぶつかり合いでしたね!石井選手にとってはこれが通常運転ですが、タンガ・ロア選手も真っ向勝負を挑んでくれて非常におもしろいでした!ロア選手が石井選手とのタイマンを非常に楽しんでいる感じが伝わってくる試合でした。きっと邪道選手には何があっても介入しないでくれとロア選手からの申し入れがあったに違いないでしょう。最後は石井選手の垂直落下式ブレーンバスターが炸裂して、石井選手に初日が出ましたね!それにしても驚いたのは、あの垂直落下式ブレーンバスターをくらって、試合後なにごとも無かったかのように起き上がり、歩いて退場していったロア選手のタフさよw

真壁刀義の罰論

セミファイナルの飯伏幸太vs矢野通の一戦。矢野選手はいつも通りの悪行三昧の通常運転。日大タックルを繰り出すものの、今回は飯伏選手が冷静だった。飯伏選手が好機を逃さずにカミゴェを決めて、なんと4分ちょっとの時短試合。やるな飯伏。

おもしろかったのはワールドの解説の真壁選手とライガーさんのやりとり。真壁選手「矢野は悪いことばっかやってから罰が当たったんだよ」ライガー「プロレスの試合で罰なんてあるの?」というやりとりがおもしろすぎて笑ってしまったw真壁選手のこういう遠慮のない解説好きすぎる!しかし矢野選手には、このあともAブロックを引っ掻き回す番狂わせのレスラーとして、どんどん悪行を働いてもらわないとね!

鷹木信悟が1敗であとを追う!

追いワールド中に寝落ちしてしまったため、この試合はまだハッキリと見てません。でも鷹木選手勝ったんですね!よしよし!そうこなくては!あとでじっくりと見ますよ!それでは今日はこのへんで!

今日のBブロック!オカダカズチカvs後藤洋央紀戦が楽しみです!

↓人気のプロレスブログランキング参加中!クリックで応援していただけると嬉しいです!

-新日本プロレス
-, , ,

Copyright© 新日本プロレスを立てるブログ , 2021 All Rights Reserved.