新日本プロレス

10.14山形大会でEVILはどう動くのか?【Bブロック8日目】

さて、いよいよG1クライマックスも最終戦線へと突入しました。この記事を執筆している時点でAブロックは8日目が終了し、Bブロックはこれから10.14山形大会の8日目を迎える。ここらで決勝進出の可能性を整理してみたい。

Aブロックは4強の大混戦へ!

いよいよAブロックは残すところ最終日のみ。

今のところ決勝進出の可能性が残っているのは、飯伏幸太選手、鷹木信悟選手、ザック・セイバーJr.選手、KENTA選手の4人だ。

全員が6勝2敗で横並びだ。最終戦での決勝にかかわる対戦カードは次のとおり。

  • 鷹木信悟vs高橋裕二郎
  • ザック・セイバーJr.vsタンガ・ロア
  • 飯伏幸太vsKENTA

4人のうち直接対決を残しているのは飯伏幸太vsKENTAの一戦となる。

どの選手もまずは必ず勝った上で、他の3選手の勝敗次第で決勝行きが決まる。

では、まず鷹木選手が決勝に行くには、鷹木選手が勝ち、ザック選手が負け、飯伏選手が負けが条件である。

ザック選手が決勝に行くには、ザック選手が勝ち、KENTA選手が負けが条件である。

飯伏選手が決勝に行くには、飯伏選手が勝ち、ザック選手が負けが条件である。

KENTA選手が決勝に行くには、KENTA選手が勝ち、鷹木選手が負けが条件である。

さらに3すくみになり決勝進出決定戦となる条件が1つある。

鷹木選手、ザック選手、KENTA選手の3人が勝った場合、この3人が3すくみとなるのである。

さあ、どの可能性が一番高いだろうか?

こうしてみるとまず、鷹木選手が裕二郎選手相手に負けるとはなかなか考えにくい。そう考えると鷹木選手の負けが条件となるKENTA選手の決勝の可能性は低いとも言える。これまでさんざんKENTA選手が決勝行きだ!と叫んできてしまったが、現実としてはなかなか厳しいものである。

だがしかし!高橋裕二郎選手なら何かを起こしてくれる期待もある!開幕で飯伏選手を破り、最終戦ではひょっとして鷹木選手をも破ってしまう可能性はゼロじゃない。これは非常に見どころである!

単純にメインイベントで決勝行きを占うというのであれば、鷹木選手が負け、ザック選手が負け、飯伏vsKENTAの勝者が決勝行きとなるわけだが、こうなる可能性は高いとは言えない。

順当に試合が決するとしたら、鷹木選手が勝ち、ザック選手が勝ち、飯伏選手が勝つというパターンが一番可能性が高そうだ。この場合の決勝進出者はザック・セイバーJr.選手となる。

次に可能性が高いとしたら、前述のとおりの3すくみの結果だろう。

まてよ、KENTA選手の場合は3すくみパターンの方が可能性が高いわけか!逆に飯伏選手はザック選手の負けが必須条件のため、意外と確率は低いとも言える。

これは本当にどのような結果になるのかわからんぞい。

Bブロックは全勝でオカダorコブか?EVILによるバッドエンドか?

続いてBブロックだが、こちらは決勝の可能性は3人に絞られている。オカダ選手、コブ選手、そしてEVIL選手だ。

全勝街道を突き進むオカダ選手とコブ選手、そして1敗で追うEVIL選手だ。

そしてジェフ・コブvsEVILの直接対決を残しているのがミソだ。

10.14山形大会Bブロック8日目の対戦カードはこうだ。

  • ジェフ・コブvsEVIL
  • オカダ・カズチカvsタマ・トンガ

非常にシンプルだ。EVIL選手が決勝に進むには、コブ選手になにがなんでも勝たなくてはならない。負ければ脱落決定なのだ。

さらにEVIL選手が決勝に進むには、オカダ選手がタマ選手に負けなければならない。

そしてさらに最終戦で、EVIL選手がSANADA選手に勝ち、コブ選手がオカダ選手に勝てばEVIL選手が晴れて決勝進出となるのである。

なのでオカダ選手2連敗というウルトラCを決めなければ、EVIL選手は決勝に進めないので可能性としてはかなり低いと思う。

オカダカズチカvsタマ・トンガ戦にEVILは乱入するのか?

EVIL選手がジェフ・コブ選手に勝った上での話になるが、それではEVIL選手はオカダvsタマのメインイベントに乱入し、タマ選手が勝つように仕向けるのかどうかに注目したい。

だが実はそのような可能性はないかもしれない。

なぜならオカダ選手がタマ選手に負けて、最終戦のコブ戦を迎えたとしよう。

そしてEVIL選手がSANADA選手に勝った場合、メインイベントのオカダカズチカvsジェフ・コブ戦では、オカダ選手が勝てばそのままオカダ選手が決勝進出だが、ジェフ・コブ選手が勝った場合、決勝に進むのはEVIL選手になるのである。

つまりジェフ・コブ選手はオカダ戦でどう頑張っても、もう決勝に進めない状況なのである。(SANADA選手がEVIL選手に勝てば別だが)

そうなってしまえば、いくらジェフ・コブ選手といえども士気が下がってしまい、レインメーカーに勝つのは難しくなってくるだろう。

つまりこの展開になってしまうと、オカダカズチカ選手が決勝行きの可能性が高くなるんじゃないの?と思うのだ。

では逆にオカダvsタマ戦でEVIL選手が乱入せずに、順当にオカダ選手が勝って最終戦を迎えたとしよう。

最終戦でEVIL選手がSANADA選手に勝ち、全勝のオカダ選手vs1敗のコブ選手の直接対決となる。

ここでオカダ選手が勝てばもちろんそのまま全勝で決勝行き。しかしコブ選手が勝てば・・・?

1敗でオカダ選手、コブ選手、EVIL選手が3すくみとなり決勝進出決定戦となるのだ。

つまりこのパターンならコブ選手が決勝に進む可能性を残しているので、オカダ戦を本気を出して臨むことになるのだ。

オカダ選手の決勝進出を食い止めるなら、こちらのほうが可能性が高いのではないだろうか?

Bブロックはシンプルなようで意外とディープな展開を待ち受けていそうである。

それとも我々が予想していないような驚きの展開が待ち受けているのだろうか?

昨年のウィル・オスプレイ選手のような造反劇とかね・・・。

↓人気のプロレスブログランキング参加中!クリックで応援していただけると嬉しいです!

-新日本プロレス
-, , , ,

Copyright© 新日本プロレスを立てるブログ , 2021 All Rights Reserved.